ダラ男とパパ先生の中学受験日記

難関中学目指して本格的に受験勉強を始めましたので、その日常をご紹介していきます。

理解度テスト手応えあり!

昨日理解度テストを受験してきました。

帰宅後すぐに「今日の算数は82点とれたよ!大問4⃣は出来なかったけど、大問1⃣~3⃣全問正解!」と興奮気味に話してきました。

 算数80点超えは3か月ぶりとなります。

「1⃣~3⃣が全問正解はすごいね!」と褒めてあげました。

「その他は?」と尋ねると、「国語は60点くらいかな?理社は30点くらいは取れてると思う!」とのことですので、合計で200点超えの手応えだったことになります。

設定した目標が205点でしたので、久しぶりの目標達成となる可能性がありますね。

午後の結果を楽しみに待ちましょう。

前回の組分けテストでは、手応えありだったのに結果は大幅未達で相当ショックを受けてましたので、今回目標達成すれば少しは気分が晴れるはずです。

ダラ男よ、目標達成を期待しているぞ!

本日理解度テスト!

本日午後に理解度テストが行われます。

GW連休もあり、かなり前に学習したところがテスト範囲となっていますので、かなり不安がありますが、午前中しっかり復習して臨みたいと思っています。

特に復習したいのは算数の”場合の数”と理科の”植物のつくりとはたらき”です。

両方とも4年生でも学習した内容ですが、不得意単元となっています。

そんな中、ダラ男に得点目標を聞いてみました。

「今回不得意単元があるけど、目標はどうする?」

「前回はサイテーだったから、前回よりはいい点数とりたい!」

前回大幅未達だったことを覚えていたようです。

「前回は全体的によくなかったけど算数が特に悪かったよね!」

「じゃあ、算数70点は取りたいから全体で205点!」

ということで目標が決定しました。

ダラ男よ、午前中しっかり復習しような!

慣用句を覚えよう!

昨日は国語、社会の宿題を行いましたが、今週の国語知識は”慣用句”となっていますので、”慣用句”の学習にも取り組みました。

今回の対象の慣用句は体の一部が入っているもので、”鼻”から始まるもの6個、”足”から始まるもの12個、”手”から始まるもの15個、”目”から始まるもの25個、口から始まるもの11個、合計69個となっており、パパ先生は昨日の昼休みに必死に暗記カードを作成し、夕方からの学習に備えました。

ダラ男が帰ってきてすぐ、「よろこべ!慣用句の暗記カード作ったよ!」と言うと、「おっ、いいね!」と返ってきました。

ダラ男は暗記カードがあると結構真剣に取り組みますので、なるべく作ってあげるようにしています。

昨日は69枚のカードを4山に分け、1山づつ、暗記→意味を見て慣用句を答える→できないところをまた暗記→できないところがなくなるまで繰り返し、とった感じで何とか4山クリアしましたが、また今日も明日も同じことを繰り返し、定着させていきたいと思います。

ダラ男よ、しっかり慣用句を覚えような!

夏期講習どうする?

昨日塾より夏期講習の案内が届きました。

前期と後期に分かれていますが通っている校舎で18日間行われる夏期講習会と特別会場で4日間行われる夏期集中特訓があります。

また、夏期講習会は午前中2時間の理社と午後4時間の算国が選択可能となっており、夏期集中特訓はレギュラークラスと上位クラスが選択可能で、授業時間は12時間となっています。

ですので、ダラ男とどのコースを受講するかを相談しました。

ダラ男の悩みは当然遊ぶ時間が確保できるか?です。

「どうしよっかな~、集中特訓は12時間か~、遊ぶ時間がないな~」

ふざけるな~っ!と思いつつ、「4日間だけだよ!ライバルに差をつけろって書いてあるぞ!」

などと話をするというより説得するという感じでした。

結局、夏期講習会は4教科、集中特訓は上位クラスを受講することで決定しました。

ダラ男よ、夏期講習会、集中特訓でレベルアップを狙うぞ!

久しぶりの宿題!

GW連休だった塾が月曜日より始まりました。

やっと通常日課に戻ったという感じです。

そして今週は土曜日に理解度テスト、日曜日に特別講習会が行われという開始早々タイトな日程となっているため、早め早めに宿題を終わらせていかなければなりませんね。

ということで、さっそく昨日は久しぶりの宿題に取り組みました。

昨日実施した内容は算数の”場合の数”と漢字の練習です。

”場合の数”は4年生でも取り組んだことがある単元ですが、ダラ男とは相性が悪いようで、理解してないわけではありませが、想定するパターンに漏れがあることが多く、不安が残ります。

久しぶりの宿題、苦手単元の克服、テスト準備などで今週はとても忙しくなりそうですね。

ダラ男よ、開始早々忙しいけど、組分けテストの悔しさをバネにがんばろうな!

くやし涙!

昨日組分けテストの結果が出ました。

 残念ながら4教科総合で353点と目標にはほど遠い結果となっていました。

クラスも4ランク下がってしまいました。

学校から帰ってきてすぐ、「結果出てる?」とテンション高めで聞いてきたので「出てるよ・・・」とテンション低めに答えました。

本人も手応えがあっただけに結構楽しみにしていたようです。

結果を見て言葉もなく、しばらくして部屋の隅に行き、悔しそうに泣き始めました。

「今回の結果をよく反省して、次また頑張ろうよ!」と声を掛けましたが、「1週間頑張ったのに~!」と次から次へと涙が出てきます。

その後すぐに塾へ行く時間になり、泣いたまま塾へ向かいました。

塾の先生にも慰めてもらったようで、「今回は問題が難しかったよ!次回がんばれよ!」と声をかけてくれたようです。

この悔しさをばねに成長してほしいものです。

ダラ男よ、この悔しさをばねに成長してくれよ!

組分けテストの手応えは?

昨日5年生2回目の組分けテストを受けて来ました。

テスト会場から出てきたダラ男に「お疲れ様、手応えは?」と尋ねたら、「結構出来たかもしれない!」とのこと。

「算数は?」「大問7⃣までは自信があるけど大問9⃣は全然出来なかった、売買損益でやったことがないタイプの問題だった!」「じゃあ、160点は超えてそうだね!」「単純ミスが無ければたぶん大丈夫だと思う!」とのこと、単純ミスが一番心配です。

「国語は?」「結構簡単だった!」「えっ!じゃあ結構できたの?」「80点は取れてると思う」「簡単だったのに80点は低くない?」「わかんな〜い!」とのこと、当てにならない予想です。

「理社は?」「結構自信ある、理科は90点取れたと思う、社会は80点くらいかな?」とのことです。

本人としては結構手応えがあったようですので、本日午後の結果を楽しみに待ちましょう。

いつも予想より結果は低いんですが・・・

ダラ男よ、結果が予想以上になってる事を期待してるぞ!